マイカーローンを安くお得に借りたいのであれば、しっかりと比較をしておきましょう。

マイカーローンはしっかりと比較

車を買うとなったときに組むマイカーローンは、銀行が提供しているものが低金利となっています。金利が低ければ利息の払いも安いので、月々の返済金額が縮小され、余裕のあるローン返済が出来るようにもなります。

ディーラーローンは手軽な反面、金利が金融機関のものよりも数パーセントも高い場合があります。5万円や10万円程度の借り入れなら金利が違っても利息は大した違いではありませんが、車の購入で使うマイカーローンは利用金額が数百万円となりますので、金利が1%違うだけでも最終的な利息の支払い金額は大きな開きが出てきてしまいます。

低金利で安いマイカーローンを使うためにも、ディーラーローンで決めるのではなく、しっかりと各金融機関の商品を比較し、希望通りのマイカーローンを組むようにすると良いでしょう。

金融機関のマイカーローンはこんなに安い!

金利で比較

今までディーラーでのローンしか組んだことが無い方は、金融機関のマイカーローン金利に驚かれます。ディーラーローンは結局はクレジット会社のローンでしかなく、間にディーラーが入っている分だけマージンがかかります。マージンは金利として上乗せされているので、どうしても金利が高くなります。

しかし、金融機関のマイカーローンは銀行などから借りる契約となりますので、余計なコストがかかりません。また、保証会社を別途設けるマイカーローンが多いですが、保証料については金利に含まれているところがほとんどのため、やはり余計なコストはかからないのです。

金利で見る差としては、低金利で話題の地方銀行のものと一般的なディーラーローンで比べれば、5%~6%ほどの開きが出る場合もあります。地方銀行では金利が安いところで2%程度、ディーラーローンでは車種や金額、キャンペーンにもよりますが、7%や8%が当たり前なので、仮に6%の金利差があるとして、300万円のローンを組むとなると、最終的な利息差はどれほどになるかご存知でしょうか?

300万円のマイカーローンを組んだとして、返済期間は5年間の60回、ボーナス払いは設定せずに一般的な返済方式となる元利均等返済とした場合には、最終的な返済金額は以下のようになります。

  • 低金利の金融機関マイカーローン

返済総額:3,154,998円

利息負担:154,998円

  • ディーラーローン(金利8%と仮定)

返済総額:3,649,752円

利息負担:649,752円

その差は494,754円(参考数値)となり、じつに50万円近くもの利息負担の差が生まれてきます。50万円もあればワンランク上の車種やグレードにして、更にオプションを付けてもお釣りが来る場合もありますので、ディーラーで高い金利でローンを組むのは損をしてしまう可能性が大きいのです。

第00位

住信SBIネット銀行 Mr.自動車ローン

ディーラーよりも低金利でゆとりのある、来店不要手続きで人気のマイカーローンです。

変動金利借入金額利用期間借り換え
年1.525%~3.725%10~1,000万円1年~10年対応
金利で選ぶマイカーローンなら、仮審査も契約も来店不要で手続きが完結出来る住信SBIネット銀行のマイカーローンです。車を購入する前でも仮審査の申し込みができ、適用される金利も条件を満たすと引き下げも行われます。ローン実行までは多少の時間はかかりますが、仮審査結果は素早くメールで原則2営業日以内に届きますので、まずは審査結果だけでも知りたい方でも安心です。
住信SBIネット銀行マイカーローン
公式サイトで詳細を見る

住信SBIネット銀行のMr.自動車ローンでは、9月15日仮審査申し込み分まで年0.25%の金利引き下げキャンペーンを実施しています。

第00位

静岡銀行マイカーローン

低い金利と大きな借り入れ可能額で借りられる、日本全国来店不要対応のマイカーローンです。

変動金利借入金額利用期間借り換え
2.4%/3.4%100万円~1,000万円最長10年対応
静岡県や隣接する地域以外からの申し込みや利用にも対応をしている低金利マイカーローンで、日本全国どこからでも借りられる魅力のある商品です。来店不要で手続きが進められ、静岡銀行の口座をお持ちでない方もマイカーローンの申し込みができますので、なるべく低金利で借りたい、借り換えたいと考える多くの方にも安心です。まずは簡単に目安が分かる「5秒診断」で借り入れ可能か確認をしてみましょう。
静岡銀行マイカーローン
公式サイトで詳細を見る

静岡銀行のマイカーローンでPHV・EV・FCV車を購入する場合には、金利が年0.5%割引されます。対象となる車の購入時は年1.9%か年2.9%の金利となります。インターネット支店限定で9月30日までとなります。

金融機関のマイカーローンの良さ

ディーラーでのローンではなく、金融機関のマイカーローンを使うメリットは他にもあります。その中で大きな点が「車を決める前でも申し込める」といったものです。

ディーラーローンは車種を決め、見積もりを取り、値引きなどの交渉を経て購入の契約を結びます。その時点でローンの申し込みをするため、何らかの理由でローン審査に通らなかった場合には、車の購入自体を諦める必要も出てきます。

しかし、上に挙げた住信SBIネット銀行のマイカーローンでは、車を決める前、選ぶ前でも事前審査申し込みが可能となります。いくらまでなら借りられそうかが先に分かれば、後は資金に合わせて車を選べば良いのです。

  • 車を決める前でも仮審査が可能

住信SBIネット銀行のマイカーローンは、購入する車種を決める前、そもそも車を買うかを決める前であっても、ネットからの事前審査が可能となっています。低金利で安いマイカーローンで借りられそうなら一つ上の車を買うなど、マイカーローンを安くが利用出来るかによって車種の幅も広がります。

事前審査後であっても、途中でもキャンセルも無料で可能です。自由度の高さが魅力となりますので、住信SBIネット銀行のマイカーローンで、安い利息のゆとりのある支払い計画を立てるようにしましょう。

信頼の出来るマイカーローンを組む

マイカーローンを提供している金融機関は数多くありますが、やはり重要視したいのは信頼性です。金利面は言うまでもありませんが、大きな金額の契約となりますので、しっかりとした基盤を持っているところから借りるようにしましょう。

例えば静岡銀行は地方銀行の中でも高い資本を持っていることで有名で、信頼性の高さは言うまでもありません。マイカーローンの金利にしてもディーラーローンよりも低い水準となる場合が多いので、低負担でお得に賢くローンが組めます。

ディーラーローンは低金利だと思っても、残価設定ローンとなっている場合があります。残価設定ローンは金利だけで見れば優れた内容に感じるかもしれませんが、実際には様々なデメリットもあるため、よく考えて利用をしないと後々で失敗をしたと後悔をしてしまう可能性もあります。

  • 残価設定ローンについて

残価設定ローンとは、車の購入時に下取り分を差し引き、残った金額をローンで支払う契約となります。3年や5年といったプランがあり、契約期間後は車を買い取るか、または買い換えるかを選ぶことになり、ディーラーとしては一定期間での車の買い替え需要が期待できるために比較的低金利、低負担でローンを提供しています。

一見すると魅力的に感じる残価設定ローンですが、契約時に下取りの価格が決められているため、様々な制限が設けられてしまいます。走行距離であったり事故や傷、汚れ、カスタマイズなどをすると残価の保証がされなくなります。

また、所有権もディーラーとなってしまうため、契約中に買い換えるとなると手間がかかります。

最新情報は必ず確認

金融機関のマイカーローンの多くは、変動金利が採用されています。金利情勢によって適用される金利が変わりますので、申し込みをする前には、各金融機関のホームページ上で必ず最新情報をご確認下さい。

車を買い換えるなら高く売る

第01位

かんたん車査定ガイド

多くの買取店での査定を一括で行える、最も高い買取額が無料で探せるサービス

利用料金見積もり数対象地域キャンセル
無料最大10社日本全国無料
車の買い換えを行うなら、ディーラーでの下取り前に一括買取査定を行った方が良いです。下取りよりも数十万円も高く売れる場合があるため、下取り分を含めて車の値引きがされているとしても、差し引きで最も高い買取価格を提示するところに売った方がお得です。一括査定サービスの中でも人気が高い「かんたん車査定ガイド」なら、その名の通り入力項目も少なく簡単に査定が行えます。
かんたん車査定ガイド
公式サイトで詳細を見る

「かんたん車査定ガイド」で査定を行ったからと言って、必ず売却をしなければならないわけではありません。査定額がいまいちだった、下取りに出すのと大して変わらないなどの場合には、無理に売却をする必要はありません。もちろん売却をしないとしても費用はかからないので、今の車の相場を知りたい方、下取り価格が適正かを判断したい方にも役立ちます。

トップへ戻る